頭痛・片頭痛・慢性頭痛など頭痛診断やしびれ・ふらつき・手足のまひ・物忘れなどの症状を、神経所見とMRI検査で診断し治療しています。脳卒中や脳腫瘍など入院や手術が必要な時は速やかに関連病院に紹介可能です。
大阪 MRI 大阪市 天王寺区 谷町 上本町 脳神経外科専門医 脳卒中専門医 脳梗塞 脳出血 動脈瘤 認知症 めまい しびれ 腰痛 坐骨神経痛

 当院は初めて来られた方に、診察、検査、結果説明まで当日に全て終える事を基本としております。そのため長時間の待ち時間が発生しています。我妻も朝9時から12時間以上休憩なく診療続けて、なるべく待ち時間が短くなるようにスタッフと共に取り組んでいますが、丁寧な診察とわかりやすい説明は短縮できません。

 当院に来られる方は、初めて来る方もかかりつけの方も病状は様々です脳腫瘍が見つかってしまった人。動脈瘤がある人。脳出血や脳梗塞で入院や緊急手術が必要な人。薬を飲まないといけない人。病院へ紹介しないといけない人。定期的に通院して頂く必要がある人。リハビリが必要な状態の人。

 かかりつけの方の診察にも時間がかかりますが、初めて来られる方にはまず病状をお聞きして、必要な検査を行い検査結果を納得頂ける様にわかりやすく説明しなければなりません。時には薬の必要性をご理解頂かないといけませんし、時には病院に紹介しないといけません。脳や神経は問診や診察に時間がかかり、MRI検査も撮影だけで20分前後はかかってしまいます。なので一般的には、後日に検査日を設け、更に後日に結果説明の時間を取って滞在時間の短縮を図っています。

 当院は対象が脳や脊髄や神経のため当日の検査と結果説明にこだわっています。混雑状況によりますが、トータルして3.4時間はかかりますし5.6時間以上かかってしまう事もあります。ですから初診の患者様は、当院受診後に予定を入れないで来院頂けますようお願い申し上げます。しかし現実的にお時間がない場合、トリアージをさせて頂いた結果によっては、検査後に仕事に行って頂き帰宅時間に説明時間を設けたり、後日の検査や結果説明で対応させて頂いたりする事もあります。

 当院は待合室を大きく取ってはおりますが、蜜にならないようにするために看護師がまず問診してトリアージをさせて頂き、予想されるタイムスケジュールをお伝えしています。外出は受付に言伝てして頂いたらご自由にして頂いて構いません。ただし戻って来られた時にも、その旨言伝て頂ければ幸いです。

 皆様の脳や神経症状の原因を診断し、わかりやすく説明することに努めておりますので、以上をご了承頂けますよう切にお願い申し上げます。

 トリアージ;医療において制限がある場合、なるべく多くの方に最善の治療を行うため、症状や状態の緊急度に応じて治療や搬送の優先順位を決めること。

疾患と治療の内容

 当院は診療能力を更に充実させるべく、各方面の専門医の先生方に手伝って頂いて複数の医師で診療しています。

 脳神経外科/脊髄外科専門医の城阪 佳佑先生には火曜日午前診を担当して頂いております。
 日本スポーツ協会スポーツドクターの資格もあり、スポーツ外傷に詳しい先生です。
 大阪市立大学医学部を卒業され、同大学脳神経外科教室に入局、ツカザキ病院、守口生野記念病院、八尾徳洲会総合病院で研鑽を積まれ、現役のトライアスロンの選手としてもご活躍されている先生です。

 公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 脳神経内科部長の高橋 牧郎先生脳神経内科金曜日午前診を担当頂いております。
先生は脳神経内科(日本神経学会)専門/指導医で、
内科学会、頭痛学会、認知症学会、脳卒中学会、老年学会全ての専門医/指導医である他、京都大学医学部臨床教授、関西医科大学医学部臨床教授としてもご活躍されています。
診察時間は9時から12時半までのため、完全予約制にさせて頂いております。
高橋 牧郎先生外来は、診療情報提供書があれば初診の方でも診察予約が可能です。
脳神経外科や脳神経内科に受診したことがない方は、我妻もしくは城阪先生の外来にまず受診頂けますようお願い申し上げます。

 我妻や城阪先生の外来は診療情報提供書や画像は必要としておりません。

 当院は保険診療機関ですので、診察/MRI検査/結果説明/治療方針決定だけならば、3割負担の方で6800円かかります。処方箋や採血、その他の検査や診察があれば別途必要です。

主な症状

 頭痛、目の奥の痛み、顔の麻痺、顔のけいれん、呂律がまわらない、話しにくい、一過性の手足の脱力、手足の麻痺、手足のしびれ、歩行障害、視野障害、めまい、ふらつき、物忘れ、行動や様子がおかしい、認知症、失神、けいれん、首の痛み、肩こり、背部痛、腰痛 など

脳神経外科領域

 脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)、脳腫瘍(原発性脳腫瘍・転移性脳腫瘍)、頭部外傷、てんかん、頚椎症(脊髄症・神経根症)、頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、すべり症

内科領域

 高血圧症、糖尿病、脂質異常症、睡眠時無呼吸症候群などの脳卒中関連疾患

脳神経内科領域

 認知症(アルツハイマー型、レビー型、前頭側頭型、脳血管性)、パーキンソン病など変性疾患、ベル麻痺、脱髄疾患、

リハビリテーション領域

  理学療法士が2名、作業療法士と言語聴覚士が1名ずつ計4名の全員が、脳神経外科急性期病院や回復期リハビリテーション病院での臨床経験が豊富なセラピストです。
 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)、運動器リハビリテーション(Ⅱ)


 

診療費用など

来院時に必要なもの



更新日:2021-06-17